よもぎ青汁

よもぎ青汁

青汁のランキングなどではあまり比較対象となっていませんが、よもぎを原料とした青汁もあります。

 

ランキングで人気の高い青汁にもよもぎが配合されているものもありますから、よもぎの効能について紹介しましょう。

 

まず、よもぎと言うのはキク科の多年草で、日本中いたるところに生息しています。

 

昔から、よもぎの香りのよさがおひたしや草餅などに利用されてきたのです。

 

よもぎの青汁はよもぎの成分から作られた青汁です。

 

よもぎの場合は他の青汁と違って、特有の苦みや臭みがありませんから、飲みやすい青汁と言えます。

 

よもぎは飲みやすいですから、毎日続けていくことが容易ですね。

 

一般の青汁ではケールが主原料となっていますが、このケールとよもぎでは栄養はどうでしょうか。

 

よもぎは他の野菜であるホウレンソウ、ニンジン、カボチャと言った代表的な緑黄色野菜と比べるとはるかに多くの栄養素を含んでいます。

 

また、よもぎを生のまま食べることもできますが、すりつぶして粉末にすることによってさらに成分量が増加するのです。

 

したがって、よもぎで栄養を摂ろうと考えるならば、青汁として飲むことが一番なのです。

 

よもぎの効能としては、冷え性の改善があります。

 

野菜は生のまま食べると体を冷やすと言われています。

 

しかし、よもぎは温熱効果がありますから、体を温めてくれて冷え性や貧血を改善してくれるのです。

 

また、血液をきれいに浄化して血流をスムーズにしてくれる効果もあります。

 

よもぎの抗酸化作用を使って、アンチエイジング効果も期待されます。

すこやか自慢 青汁と乳酸菌